MENU

市販されていない避妊ピル・事後ピルを通販で購入するには?

避妊薬(ピル)と呼ばれるものは、大きく分けて2種類に分類されます。

 

一つは、

 

女性ホルモンを成分として持つ、低用量ピル「経口避妊薬(OC)」

 

もう一つは、

 

避妊に失敗した時に用いられる、モーニングアフターピル「緊急避妊薬(EC)」

 

です。

 

避妊効果で見ると、低用量ピルでは100%近い数値で防げますが、緊急避妊薬だと、80%〜90%程度(早い段階で服用するほど効果は高い)となっています。

 

どちらも、避妊を目的として使用できるものですが、低用量ピルの方は、女性ホルモンが関係した女性特有の悩みなどにも使用されていますね。

 

例えば・・・

 

・PMS(月経前症状)の緩和

 

・吹き出物やニキビ

 

・月経不順、生理痛の緩和

 

・更年期障害の予防

 

などなど。

 

他にもたくさんありますが、気になる場合は産婦人科などに問い合わせるか、婦人科クリニックのホームページなどを覗いてみるといいでしょう^^

 

 

経口避妊薬の種類って?

ここでは、低用量ピルとモーニングアフターピル(事後ピル)の種類と効果などについて見ていきます。

 

一言でピル、と言っても様々な種類があり、使用方法が異なるものも存在しますので、簡単に説明を加えながら進みますね^^

 

 

高・中・低用量ピル(経口避妊薬)の種類や成分・ルールとか

 

高用量ピル 卵胞ホルモン(エストロゲン)=50μg以上含有
中用量ピル 卵胞ホルモン(エストロゲン)=50μgジャスト
低用量ピル 卵胞ホルモン(エストロゲン)=50μg未満(30μg〜40μg位)
超低用量ピル 卵胞ホルモン(エストロゲン)=50μg以上含有(20μg程度)

 

第1世代ピル 成分に「ノルエチステロン」が使用されているピル
第2世代ピル 成分に「レボノルゲストレル」が使用されているピル
第3世代ピル 成分に「デソゲストレル」が使用されているピル
第4世代ピル 新しいタイプのピルで、ドロスピレノン(黄体ホルモン)などが使用されている

 

1相性ピル 21錠/28錠(1シート)すべての成分が同一のもの
2相性ピル 段階型ピルと呼ばれるもので、成分が2段階に変化するもの
3相性ピル 段階型ピルと呼ばれるもので、成分が3段階に変化するもの

 

28錠タイプ 21錠タイプ

薬効成分を含んだ21錠に「偽薬(プラセボ)」7錠が1シートになったものです。

 

7錠多めに入っているのは、続けて飲む事を忘れないようにするためで、必要が無ければ21錠タイプで問題はないです。

ホルモン成分が21錠全てに入ってるタイプ。

 

基本的に1シート/21錠を順番に飲んでいきます。

 

7日あけて、次のシートを飲み始めます。

 

Day1スタート Sundayスタート

月経が始まった日から服用を開始する。

 

その日から避妊可能。

月経が始まった週の「日曜日」〜服用をスタートする。

 

服用初日〜7日間は避妊効果がありません。

 

避妊ピルは、上記のような成分とルールで分かれてます。

 

まぁ、特に詳しく知る必要はありませんが、ご自分が今何を使ってるのか?知っておいてもいいかと思ったので表にしてみました^^

 

現在、産婦人科などで処方されるものは、大体が「低用量ピル」「超低用量ピル」って感じでしょう。

 

こういった基準の中で、効果効能や、成分の持つ特質によって製品として販売されているので、種類が豊富すぎて自分では選びにくいと思います^^;

 

避妊薬として使う場合は問題がないかもしれませんが、避妊以外の目的で使用するような場合は、自分の症状に合ったものを選ぶ為に「産婦人科」や「婦人科クリニック」などで相談したほうが良いと思います。

 

※ピル外来、っていうのが設けられていますよ

 

自分に合ったものが判った段階で、個人で通販購入する、って感じが良いかもしれませんね。

 

念のため・・・

 

選びやすいように、産婦人科や婦人科クリニックでよく処方されている避妊ピルの名前を、参考程度に挙げておきます。

 

低価格でも成分は同じの、「ジェネリック医薬品」を取り扱っているところもありますよ。

 

製品名

 

トリキュラー・アンジュ・ラベルフィーユ・トリキュラー・マーベロン・ファボワール・オーソ・ヤーズ・ルナベルなどなど。

 

中でも、「ヤーズ」などは使用目的によって保険が適用されるケースもありますね(クリニックで要確認)。

 

この各々に、21錠タイプ、28錠タイプがあるものが多いです、効果は同じなので、ご自分に合った方を選ぶと良いと思います。

 

ピル比較一覧表はコチラ

 

 

 

※上記バナーをクリック後、サイト内を下っていくと「商品説明」が出てきます

 

※そこに「低用量ピル・アフターピル比較一覧表」バナーがあるので、それをクリックしてみて下さい

 

 

※通販先に飛びます

緊急避妊薬(モーニングアフターピル)の種類って?

ここでご紹介するピルは、上記の避妊ピルと違い、「事後避妊目的」で使用するものになります。

 

1錠タイプ(1回) 72時間以内に1錠服用するタイプ
2錠タイプ(2回) 72時間以内に初回1錠、12時間後に1錠、合計2錠服用するタイプ

 

上記のように、1回タイプと2回タイプがあります。

 

性交後72時間以内(3日以内)タイプ ノルパック・アイピル・ポスティノール・マドンナ・
性交後120時間以内(5日以内)タイプ エラワン(次世代緊急避妊薬)

 

性交後の猶予期間は上記の通りですが、結局、早い段階で服用したほうが避妊効果は高いと言われていますので、危ない、と思ったら、早めの段階での使用を心がけましょう^^;

 

緊急避妊薬(モーニングアフターピル)比較はコチラ

 

 

 

※上記バナーをクリック後、サイト内を下っていくと「商品説明」が出てきます

 

※そこに「低用量ピル・アフターピル比較一覧表」バナーがあるので、それをクリックしてみて下さい

 

 

※通販先に飛びます

避妊薬・緊急避妊薬まとめ!

いずれのピルも、日本国内の産婦人科や婦人科クリニックで、診察・処方を受ければ購入できるものです。

 

上記では、避妊薬を通販で購入できる、「個人輸入代行業者」を利用した販売先もご紹介していますが、初めてピルを使う場合や、どういったピルを使用したら良いのかわからないような場合は、一度お医者さんに掛かった方がいいでしょう。

 

その際、ご自分に合ったピルの提供を受け、再購入の折などに、値段や利便性を考慮し、通販などに頼るといいんじゃないかと思いますよ^^

 

このサイトが、避妊ピルご購入の参考になれば幸いです!